善玉菌で腸内バランスを整えて便秘改善!

女性の悩みとしてよく聞く便秘ですが、原因は様々な方向からの可能性があります。そして勿論、比率的には女性より少ないですが男性でも便秘に悩む人は多くいます。

便秘が日常化してしまうと、今の状態が普通なのだと思い込み、深刻に考えず放置してしまうことで、大きく悪化させてしまう人もいます。全ての原因を探っていくのは難しいですので、便秘の理由として男女共に最も可能性の高い、善玉菌と悪玉菌を中心に採り上げていきます。

善玉菌という名称は多くの方がご存じと思いますが、少しだけ説明をさせて頂きます。善玉菌は腸内に約20%程の割合で存在し、腸内の循環をし、消化吸収を助け、免疫力を高めます。腸内に無くてはならない存在です。

続いて悪玉菌ですが、読んで字の如く、腸内に悪影響を与えることで有名ですね。しかしながら不思議な事に、悪玉菌も腸内に必要な細菌なのです。何故必要なのかと言うと、善玉菌は悪玉菌がいるからこそ、活発に機能し続けることができ、常にバランスを保とうとし続けます。つまり善玉菌は《悪玉菌と戦う》ことで、その効力を発揮できているのです。

そして、善玉菌と悪玉菌が腸内細菌の全てではなく、日和見菌(ひよりみきん)という菌も存在し、全体の約70%存在していると言われています。腸内に悪影響を及ぼしはしませんが、少し厄介な性質を持っています。ここから先は、善玉菌と悪玉菌、そしてバランスについて、細かくお伝えしていきます。